2018年 11月 15日 (木)

ドコモ、2画面スマホ発表 中国ZTEと共同開発

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   NTTドコモと中国のスマートフォン(スマホ)メーカー中興通訊(ZTE)は2017年10月18日、両社が共同開発したスマホ「M Z-01K」を発表した。5.2インチのフルHDディスプレーを2つ搭載している点が、大きな特徴だ。

   通常は画面を折りたたんだ状態で使用するが、開けば約6.8インチの大画面に変化する。展開時には、それぞれの画面で別々のアプリやウェブサイトを閲覧、視聴できる「2画面モード」や、動画や電子書籍などをワイドに楽しめる「大画面モード」に対応する。

   ドコモは2013年春にも、「2画面スマホ」を発売していた。新製品の発表会に出席した同社の吉澤和弘社長は、当時の機種と比較して、

「『M』は、より自由にアプリケーションをマルチタスクで利用可能になった。色々な利用方法を今後もっと開発していきたい」

と話した。

   発売は18年1月以降の予定。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中