ドコモ、2画面スマホ発表 中国ZTEと共同開発

印刷

   NTTドコモと中国のスマートフォン(スマホ)メーカー中興通訊(ZTE)は2017年10月18日、両社が共同開発したスマホ「M Z-01K」を発表した。5.2インチのフルHDディスプレーを2つ搭載している点が、大きな特徴だ。

   通常は画面を折りたたんだ状態で使用するが、開けば約6.8インチの大画面に変化する。展開時には、それぞれの画面で別々のアプリやウェブサイトを閲覧、視聴できる「2画面モード」や、動画や電子書籍などをワイドに楽しめる「大画面モード」に対応する。

   ドコモは2013年春にも、「2画面スマホ」を発売していた。新製品の発表会に出席した同社の吉澤和弘社長は、当時の機種と比較して、

「『M』は、より自由にアプリケーションをマルチタスクで利用可能になった。色々な利用方法を今後もっと開発していきたい」

と話した。

   発売は18年1月以降の予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中