百里基地で戦闘機から出火 誘導路移動中に

印刷

   茨城県の航空自衛隊百里基地で2017年10月18日昼、誘導路を移動中だった戦闘機から出火した。19日に新聞各紙が報じた。

   報道によると、出火したのは同基地の第302飛行隊に所属するF4戦闘機。左側の脚部分が破損し、出火したとみられる。乗員2人は脱出してけがなどはないという。火は航空自衛隊の消防隊によって、約20分後に消し止められた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中