2019年 3月 19日 (火)

元東芝、日本郵政社長 西室泰三氏死去 

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東芝や日本郵政の社長、東京証券取引所の会長などを歴任した西室泰三(にしむろ・たいぞう)さんが死去した。81歳だった。複数のメディアが2017年10月18日、報じた。

   山梨県出身。1961年に東京芝浦電気(現・東芝)に入社し、米国に10年以上滞在するなどした後、1996年に社長、2000年に会長に就任した。海外経験や東芝での経営改革の実績を高く評価され、2005年に東京証券取引所の会長に、また2013年には日本郵政の社長に就任。2015年11月、日本郵政の株式上場を実現した。

   経団連の副会長や、安倍晋三首相が2015年に戦後70年談話の策定に向けて設置した有識者懇談会の座長を務めるなど、財界や政府の要職も歴任した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中