2021年 6月 23日 (水)

鳥居みゆきが「大人も楽しめる」絵本 「すげー気になる」「意外」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   お笑い芸人の鳥居みゆきさん(36)が、絵本「やねの上の乳歯ちゃん」を作った。自身でストーリーと絵を描いた。

   独特のネタで知られる鳥居さん。その鳥居さんが絵本を作ったことについて、ネットでは「意外な一面」といった声が上がっている。どういった経緯で鳥居さんは絵本を描くことになったのだろうか。J-CASTニュース編集部が、出版社に取材した。

  • 鳥居みゆきさん(2008年2月撮影)
    鳥居みゆきさん(2008年2月撮影)
  • 「やねの上の乳歯ちゃん」の1ページ(画像はプレスリリースより)
    「やねの上の乳歯ちゃん」の1ページ(画像はプレスリリースより)
  • 鳥居みゆきさん(2008年2月撮影)
  • 「やねの上の乳歯ちゃん」の1ページ(画像はプレスリリースより)

乳歯がテーマだけど永久保存版

   「やねの上の乳歯ちゃん」は、「うんこ漢字ドリル」シリーズで知られる文響社(東京都港区)から、2017年10月20日に出版される。鳥居さんには歯科助手の経験があり、その経歴を活かしたものとなっている。価格は1400円(税別)。

   本作は歯が抜けるという「大人になる機会」を、乳歯の視点から見た、新しい成長物語。可愛らしい絵のタッチで、口の中に生えた主人公の乳歯ちゃんと歯茎ちゃんとの別れを描く。「成長」や「大人」と「子供」とは何なのかについて考えさせる作品になっている。

   鳥居さんは発売にあたってコメントを出しており、「乳歯が抜けて、永久歯が生え成長します。それは大事な体の成長。でも、もっと大事なのは心の成長。子供はもちろん、大人も楽しめる絵本出来ました。乳歯がテーマだけど......永久保存版!!!」と述べている。

   お笑い芸人としての鳥居さんは独特の雰囲気で知られる。白い寝間着に身を包み、バットを振ったあとに走る動きをしながら、大声で「ヒットエンドラーン!ヒットエンドラーン!」などと叫ぶネタが有名だ。そういったイメージもあってネット上でも、

「すげー気になる」
「鳥居みゆきさん、子供向け絵本作ったのね。意外な一面」

と、ネタからうかがえるイメージとのギャップに驚く声が見られる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中