2018年 10月 21日 (日)

吉田豪、アイドル審査で全審査員と逆の判定で批判殺到 「さっさとクビにしてくんねぇかな」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロインタビュアーの吉田豪さんが、アイドルのオーディション番組で行った審査に対し、ネット上で批判が集まっている。

   他の審査員との意見が真逆だったことで、「見る目無さすぎやろ」といった声などが上がっている。

  • 吉田さんの審査が波紋を呼んだ「ラストアイドル」(画像は番組公式サイトより)
    吉田さんの審査が波紋を呼んだ「ラストアイドル」(画像は番組公式サイトより)

他の審査員とは真逆の裁定を行った吉田さん

   吉田さんに批判が集まったのは、2017年10月22日に放送された「ラストアイドル」(テレビ朝日系)というアイドルのオーディション番組。「ラストアイドル」は、オーディションで選ばれた7人の暫定メンバーが、挑戦者とメンバーの入れ替えバトルを行い、最終的に勝ち残ったメンバーが秋元康プロデュースでデビューするというものだ。

   同番組では、初期メンバーの長月翠さん(17)に対し、沖縄の「歌ウマ少女」だという蒲原令奈(かもはら・れな)さん(15)が挑戦を挑んだ。

   そのバトルの裁定をする審査員として指名されたのが、吉田さんだった。指名された吉田さんは「もう最初から決まってます」と一言述べたのち、蒲原さんを勝者に選んだ。

   その瞬間、他の審査員であった漫画家の倉田真由美さん、ギタリストのマーティ・フリードマンさん、ファッションモデルの日笠麗奈さんは唖然とした表情を浮かべた。というのも、この3人はいずれも長月さんを勝者に選択していたからだ。

   吉田さんは、蒲原さんを勝者に選んだ理由として、歌唱力だけが魅力ではないとしたうえで、「キャラクターの面白さとか表情の良さとかがあったので、ちょうど(ラストアイドルに)いないキャラクターだった」と述べた。

審査員含め、ネット上でも批判相次ぐ

   審査終了後、フリードマンさんは

「今回の判定に大反対です。長月さんはアイドルの中のアイドル」

と述べ、倉田さんは

「メンバーの中でも長月ちゃんはすごくアイドル度が高い子だと思っている。ラストアイドルのチームとしては、長月ちゃんかなと思っていたんですけど」

と語り、複雑な表情を浮かべた。

   ネット上でも一部、「吉田豪悪くないだろ」といった反応もありながら、「さすがに見る目無さすぎやろ」「吉田豪さっさとクビにしてくんねぇかな」と不満を露わにする声が多く見られる。

   吉田さんにはツイッターで「もう二度と審査員なんかしないでくださいお願いします」というリプライが届いており、これに対して、

「そういうのは番組側に頼んで下さい! 番組側からオファーがあってスケジュールが合えば、また出ちゃうと思うので」

と返している。

   また吉田さんはツイッター上で、DM(ダイレクトメッセージ)で抗議の声が届いていることをスクリーンショットの画像とともにツイートしたり、今回の「ラストアイドル」に関するネット上の声をリツイートするなどしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...