2018年 6月 24日 (日)

豊田真由子氏、落選に大粒の涙 「こんな私を支えてくれてありがとう」

印刷

   「このハゲー」などの暴言などで自民党を離党し、無所属で衆院埼玉4区から出馬していた豊田真由子氏(43)が落選した。

   結果をうけて、豊田氏は支援者に顔をくしゃくしゃにしながら、大粒の涙を流して謝罪した。

  • 豊田真由子氏(画像は自身の公式ホームページより)
    豊田真由子氏(画像は自身の公式ホームページより)

「もったいない」と周囲からの声も

   豊田氏は落選が決まると、支援者の前に現れ、

「こんな私を支えてくれてありがとうございました」

と、涙で顔をくしゃくしゃにしながら声を絞り出すように話した。

   周囲からは

「もったいない」

などの声があがっていた。

   豊田氏は元秘書に暴言を浴びせたうえ、暴力もふるったと報道された。問題発覚後、しばらく姿をみせなかったが、9月半ばに議員活動を続けることに意欲を示し、無所属で出馬していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中