「このハゲー」も登場、「髪川柳」入賞作 時事ネタを織り込んだ句が目立つ

印刷

   NPO法人Future Medical Laboratory(東京都千代田区、以下NPO法人F.M.L.)が、髪にまつわる川柳である「髪川柳」の入賞作品を2017年10月10日に発表した。

   入賞作品には時事ネタに関わるものが多く見られ、あの政治家の言葉を引いた川柳も飛び出した。

  • 秀逸な「髪川柳」が並んだ(画像はイメージ)
    秀逸な「髪川柳」が並んだ(画像はイメージ)

「このハゲー」 俺のことかと テレビ見る

   髪にまつわる川柳「髪川柳」は、17年8月4日から9月11日まで募集。過去最高の2751句が集まり、厳正な審査を経て入賞作品が決まった。今回は大賞に1名、優秀賞3名、佳作が5名選ばれた。

   大賞には、秘書に対する暴言・暴行問題などが報じられた前衆院議員の豊田真由子氏の言葉を引いて、

「『このハゲー』 俺のことかと テレビ見る」

が選出。優秀賞には、橋本健元神戸市議と「SPEED」の元メンバー今井絵理子参院議員の一連の不倫疑惑騒動から、

「一線は とうに越えてる オレの髪」

などの作品が選ばれた。佳作では「髪生える インスタ映えに 顔晴れる」、「『アモーレ』が いつの間にやら 『このハゲ』に」といったものもあった。

   今年で9回目となる今回の総評では、入賞作品に「応募期間に世間を騒がせた政治関係のセリフや国際時事、芸能スキャンダルといった時事ネタ」、「インスタ映え」などの、「世相を反映した作品」が目立ったとしている。

2009年に初めて「髪川柳」を募集

   「髪川柳」の募集は、NPO法人F.M.L.の研究開発を基にして治療を行う、「ヘアメディカルグループ」の開院10周年を記念して、2009年に初めて行われた。

   髪にまつわる健康法や自作の育毛法だけではなく、普段話題にしづらい髪の悩み・悲哀を、笑える川柳にすることで、改めて頭髪について考えてもらうきっかけにしてほしいとしている。

   NPO法人F.M.L.は、毛髪をはじめとする頭皮の医療分野を中心に最新の治療情報の収集・提供を行う研究機関。頭髪に関する学会の開催情報の提供などを行っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中