2018年 8月 17日 (金)

2017年衆院選は自民284議席で大勝 自公でも3分の2超えの313議席

印刷

   2017年10月22日に投開票が行われた第48回衆院選は、公示前の475議席から10減した465議席で争われ、自民党と公明党で3分の2を超える313議席を獲得する結果となった。公示前勢力と比べ、立憲民主党は3倍以上の議席を獲得した。

   今回の選挙で自民党は284議席(公示前284)を獲得し横ばい。公明党は29議席(同34)とやや減らした。

   野党はおおむね厳しい結果となったが、立憲民主党が55議席(同15)と躍進。一方、希望の党は50議席(同57)と減らした。野党の無所属では21議席(同27)を獲得するにとどまった。

   共産党は12議席(同21)、日本維新の会は11議席(同14)と、いずれも議席を減らす結果に。社民党は公示前と変わらず2議席(同2)を獲得。日本のこころは議席獲得に至らなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中