黒木メイサ、産後減量で記事批判ツイート 日刊ゲンダイ「ちゃんと読んで」と困惑

印刷

   女優の黒木メイサさん(29)が、ツイッターで「産後14キロ減」報道を否定した、とネットで話題になる中で、その報道の例として使ったのが夕刊紙「日刊ゲンダイ」の記事だった。

   黒木さんは、産後のトレーニングで減量などしたら体調を崩す危険性がある、と警鐘を鳴らしたため、ファンから「いいやつだ」「訂正ありがとう」と絶賛され、一方の「ゲンダイ」の記事を嘘ニュース呼ばわりするツイートも出ているが、「ゲンダイ」は、「記事をよく読んでほしい」と困惑している。

  • 間違ったことをマネられても困る(写真は黒木さんのツイッターより)
    間違ったことをマネられても困る(写真は黒木さんのツイッターより)

「いいやつだ」「訂正ありがとう」と絶賛

   黒木さんは2017年10月1日に都内の書店で写真集「INCARNATION」の発売イベントに登場。公の場に出たのは6月に第2子を出産してから初だった。スタイルが変わらないという質問には、妊娠で体重が14キロ増えたけれども現在は出産前よりも少し落ちた、などと語った。

   そんな黒木さんが10月20日、自身のツイッターに20日付けの「ゲンダイ」の記事が掲載されているページのリンクを張り、

「普段、なんらかの記事等が間違った形で皆様に伝わっても無視ですが『産後トレーニングで追い込んで減量』みたいな間違ったことをマネられて体調崩す方がいたら困るんで!」

と自身の減量について説明した。腹筋が割れているのは第2子妊娠『前』に追い込んでトレーニングした結果であり、産後すぐ腹筋割れるほど追い込むなんて無理、「私だって勧めない」とした。産後のトレーニングはプロの元で行い、緩んだ骨盤を締める体操やバランスボールを使った、とした。

   このツイートで黒木さんは「いいやつだ」「訂正ありがとう」と絶賛されることになる。一方で「ゲンダイ」は嘘記事を流したとして激しいバッシングに晒され、

「売れる為ならいい加減な事ばかり記事に書く各メディアさん...。メイサちゃんに失礼だし、こんな事しか出来ない事を恥ずかしいと思って!といいたいです」
「ちゃんと、事実を確認してから、記事にしてもらいたいものですね」
「雑誌やweb記事は『そんなワケない』なことを取材もせずに書きますよね」
「こういう嘘の情報で一般人が苦労するんだよ。甘えだとかなんとかって。産後そんな余裕ないからね!?」

などといったことがツイッターや掲示板に書き込まれた。そして当該記事がネット上から削除されたとし歓声が上がった。

   いったいどんな記事だったのか。J-CASTニュース記者が10月23日にその記事を読み、「ゲンダイ」に取材したところ、驚愕の事実が待っていた。

黒木ツイッターと同じ内容だった

   まず問題の記事の見出しは、「黒木メイサの産後14キロ減量報告の真相」となっている。そもそもこの記事を書くきっかけとなったのは、10月1日のイベントの記事が、

「第2子の男児を6月に出産したが、ジムで筋トレに励み、約3か月間で体重を14キロ落として撮影に臨んだ」( スポーツ報知:10月2日付)

などと各スポーツ紙が報じたため、産後にこのような減量が可能なのかを検証するのが目的だった、と担当者は説明した。そして記事にはこの仕事に就いて25年という有名トレーナーが登場し、産後直ぐのタイミングでは運動をこなす体力が無いと説明している。そして、黒木さんは妊娠する前からジムでトレーニングをしている、という説明もある。

「産後直ぐの全身トレはちょっと考えにくい。妻や娘に勧めるのはよくない」

と明言。減量したとすれば食事カットが中心だろうと書いている。つまりは、黒木さんがツイッターで書いたことと殆ど同じことが書いていて、少なくとも「嘘記事」ではないのだ。「ゲンダイ」の担当者は今回のネット上での騒ぎを知っていて、

「記事をちゃんと読んでほしい」

と話していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中