「『M』じゃないと無理」 元日本代表・川口能活が明かすGKの「適性」とは

印刷

   サッカー元日本代表GK川口能活(よしかつ)が、キーパーを務めるには「『M』じゃないと無理ですよね」と笑った。Jリーグ公式YouTubeチャンネルのインタビュー動画の中で語っている。

   得点を決める前線の選手に比べて、脚光を浴びづらいGK。長く代表のゴールマウスに立ち続け、42歳の今なお現役を続ける川口が、そのポジションにありがちなことを明かしている。

  • 川口能活がGKの「裏話」を語っている(画像はYouTubeの「Jリーグ公式チャンネル」動画から)
    川口能活がGKの「裏話」を語っている(画像はYouTubeの「Jリーグ公式チャンネル」動画から)

「言い方は悪いですけど...」

   動画はJ3・SC相模原でプレーする川口と、お笑い芸人で大のサッカーファンの平畠啓史が対談する形式で、2017年10月17日に公開された。寡黙なイメージを持たれがちな川口だが、「話していくうちにだんだんエンジンがかかってくる」というように、徐々に会話はフランクに。

   「GKって変わり者が多いってよく言いません?」と聞かれた川口は「あ~、よく言われますね、それは」と相槌を打ち、「言い方は悪いですけど...Mの人が多いと思います、キーパーは」とぶっちゃけた。

「練習がそうじゃないですか。何本もシュートを打たれて、ぜえぜえ言いながら、でもまたシュートを受けるし、受けたい。ボールを受けたい。その時点でMですよ」

   高校卒業後にJリーグ入りし、プロ24年目となる川口。「僕も若い頃は、キーパーは変わってるやつが多いと言われてちょっと嫌だったんですけど、いろんなGKを見てきて、自分も年齢を重ねていくうちに、やっぱり変かなって思いますよ」と笑った。

   一方で「あれだけしんどい練習をしたのに、今日の試合は何もなかった、お疲れ様でした、っていうこともあるでしょう」と聞かれ、「ハハハ、よくあります」と頷いた。逆に「自分のミスで0対1で負けたらボロカスに言われる」との問いかけにも「そういったこともありますね」と苦笑い。そして

「Mじゃないと無理ですよね」

と、再度GKの「適性」を冗談めかして繰り返した。

「普段は性格が変わって攻撃的になることも」

   守って耐えしのぐポジションのGKだが、「普段は性格が変わって攻撃的になることもあるんですよね」とし、「GKの人たちで車の趣味を結構聞きますね。乗る車はレース仕様だったり。サッカーで普段打たれているから運転で攻めようと。そういうところでバランスを取ろうとしているんじゃないかな」と話す。「車になると人が変わる」タイプもいるらしい。

   川口はワールドカップ(W杯)に98年フランス、02年日韓、06年ドイツ、10年南アフリカの4大会連続で選出され、一時代を築いた。96年アトランタ五輪では、世界最強クラスのブラジル代表相手に鬼神のごときスーパーセーブを連発して完封し、「マイアミの奇跡」を起こした功労者。また日本人GKとして初めて欧州のクラブに移籍し、イングランド・プレミアリーグでのプレー経験も持つ。

   名選手から出た裏話に、インターネット掲示板では

「川口がM?」
「だからアウェーで異様に強いのか」
「GK 集めて座談会すべき おもろいやろ」
「実際ブッフォン(編注:イタリア代表GK)はイタリアで変人て言われてる」

などと面白がる反応が出ていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中