「広辞苑」10年ぶり改訂 「アプリ」「スマホ」など新たに1万項目

印刷

   岩波書店は2017年10月24日、国語辞典「広辞苑」第7版を18年1月12日に発売すると発表した。10年ぶりの大改訂で、新たに1万項目が追加された。

   公式サイトの内容案内によると、改訂版では日常語として定着した「アプリ」「スマホ」「ブロガー」などのIT用語やネット用語にも力を入れた。また「炎上」には、「インターネット上で、記事などに対して非難や中傷が多数届くこと」という新しい語義が加えられた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中