2018年 11月 20日 (火)

小児科医の毛利子来さん死去、87歳

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   子育てに関する多数の著書で親しまれた小児科医の毛利子来(もうり・たねき)さんが2017年10月26日、慢性心不全のため死去した。87歳だった。各紙が報じた。

   岡山大学医学部を卒業後、勤務医を経て、東京・原宿に小児科医院を開業。ポーランドの小児科医で、児童教育の先駆者として著名なヤヌシュ・コルチャック医師を尊敬し、1970年ごろから診察のかたわら、育児、子育てに関する啓もう書を次々と刊行。『新エミール 育児と教育について』『若い父母へのメッセージ』『赤ちゃんのいる暮らし』『幼い子のいる暮らし』など単行本の後に文庫になったものも多かった。「たぬき先生」の愛称で親しまれ、型にはまらない育児を提案して人気があり、講演などでも悩める母親たちの支持を集めた。少し上の世代の松田道雄(1908~98)さんとともに、発言する小児科医として著名だった。

   87年、『ひとりひとりのお産と育児の本』で毎日出版文化賞受賞。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中