GMO、顧客情報約1万4000件分流出

印刷

   IT大手のGMOインターネットは、同社の運営するサイト売買仲介サービス「サイトM&A」から1万4612件の会員情報が流出したことを、2017年10月30日に公式サイト上で発表、謝罪した。

   「サイトM&A」ではクレジットカード情報は保有しておらず、また発表時点で、個人情報を悪用されての2次被害は確認されていないという。

   GMOは発表の中で、情報が流出した後、外部のセキュリティー専門機関や警察、関係省庁などと連携しながら対応を進めているとし、セキュリティーの強化と不正利用等の監視を行っているとコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中