維新・丸山穂高衆院議員が離党届提出 ツイッターで報告

印刷

   日本維新の会の丸山穂高衆院議員は2017年10月31日、自身のツイッターで、離党届を提出したと明らかにした。丸山議員は橋下徹前大阪市長からツイッター上で「ボケ」などと罵倒されたり、言葉づかいを注意されたりと騒動となっていた。

   丸山議員は、「橋下顧問や代表の発言に対する会見を行い、その前のけじめとして昨日(編注:30日)離党届を提出致しました」と明かし、維新の会へ恩はあるが恨みは無いとした。そのうえで、

「様々お騒がせしてすみません。維新の会の皆様、血の結束を乱して申し訳ありません。何より支援者の皆様有権者の皆様に心からお詫び申し上げます」

と謝罪。詳細についてブログで報告するとしたが、31日17時現在、丸山議員のブログは更新されていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中