2019年 1月 16日 (水)

水の飲みすぎは危ない 脳が腫れ死に至った事例も

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

【林先生が驚く初耳学!】(TBS系)2017年10月29日放送
「水の飲み過ぎは...●●低下で脳細胞が溶ける」

   美容やダイエットのため、飲み食いするものにこだわっている人は多い。しかし、健康に良いと信じて摂(と)っているものが、量を間違えると、命を脅かしかねない。

   注意すべき飲食のひとつが「水の飲み過ぎ」だ。

健康のためには適量を守って

   急激に大量の水を飲むと、血液中のナトリウム(塩分)濃度が下がる。他の細胞の濃度は変化していないため、体がバランスを取ろうとして、水分が血液から細胞に流れ、細胞が破裂するおそれがある。

   07年に米国で開催された、トイレに行ったり吐いたりせずにどれだけ水を大量に飲めるかを競った大会で、2位になった女性が死亡した事件があった。脳細胞に水分が流れ、脳が腫れてしまったのだ。

   美容やダイエットに効果的な水の適量は1日2リットルだ。多く飲めば飲むほど健康になれるわけではないので、くれぐれも注意されたし。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中