過激言動のドゥテルテ大統領、習近平氏の前で「ガム」 天皇陛下の前では...?

印刷

   フィリピンのドゥテルテ大統領が天皇皇后両陛下の前で見せた「礼儀正しさ」が、フィリピンメディアの間で驚きをもって受け止められている。

   ドゥテルテ大統領は麻薬の売人の殺害を容認するなど過激な言動で知られ、日本政府内では懸念の声もあがっていたという。2017年10月下旬に北京を訪れた際は、習近平国家主席を前にガムをかんでいたことが問題視されたばかりで、動向が注目されていた。

  • ドゥテルテ大統領が天皇陛下の前で予想外の「礼儀正しさ」を見せた(写真はフィリピン政府のフェイスブックから)
    ドゥテルテ大統領が天皇陛下の前で予想外の「礼儀正しさ」を見せた(写真はフィリピン政府のフェイスブックから)
  • 両陛下との会見は約25分間にわたって行われた(写真はフィリピン政府のフェイスブックから)
    両陛下との会見は約25分間にわたって行われた(写真はフィリピン政府のフェイスブックから)

過去の言動から「日本政府の一部からは懸念の声も」

   ドゥテルテ大統領の訪日は今回が2回目。16年10月の初訪日の際にも両陛下と会見予定だったが、三笠宮さまの逝去で中止になっていた。

   日本メディアが宮内庁の話として報じたところによると、会見は17年10月31日に約25分間にわたって行われ、天皇陛下は第2次世界大戦で多くのフィリピン人が犠牲になったことに言及。ドゥテルテ大統領は、両国は過去を乗り越えて協力関係を築いたことを指摘し、日本による継続的な支援に感謝を述べたという。

   ジャパンタイムズによると、

「政府筋によると、過去の議論を呼んだ発言を理由に、大統領の訪日日程に両陛下との会見が含まれることについて、日本政府の一部からは懸念の声もあがっていた」

というが、実際の会談では

「皇族に尊敬の念を持ち、部屋に入る際に一礼するなど、会見の冒頭では緊張している様子だった」

という。

   この異例の態度にはフィリピンメディアも注目しているようだ。ニュースサイト「ラップラー」は、

「ドゥテルテ氏はスーツを着て、普段よりも礼儀正しく控えめな様子だった」

と指摘。大手テレビ局のGMAは、ドゥテルテ大統領が天皇陛下との会見後に

「恐れ多いことだった」

と述べた、と報じている。

中国ではポケットに手を入れたまま部屋に入り、居眠り

   ドゥテルテ大統領は10月の訪中では、全く違う態度を見せていた。前出の「ラップラー」は、10月20日に北京で行われた中国とフィリピンの間の協定調印式で、ドゥテルテ大統領が習主席を前に「ガムを噛んでいた」と動画つきで指摘。

「両国の政府関係者、記者、カメラマンがいる前で、ズボンのポケットに手をいれたまま部屋に入ってきた」
「目を閉じて、うとうとしている様子だった」

などと態度を非難していた。

   もっとも、ドゥテルテ大統領は親日家として知られており、10月29日にフィリピン国内で開いた会見で、

「天皇陛下の退位前に会見できるのは光栄なこと」

で、

「おそらくフィリピンからの心からのご挨拶をお伝えする以外は、言葉を選ばなければならないだろう」

と発言している。ドゥテルテ大統領ですら、天皇陛下に対する尊敬の念が態度に現れた、ということのようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中