進次郎氏「党は何も聞いていない」 安部政権にビシッと一言

印刷

   自民党の小泉進次郎衆院議員は2017年11月1日、国会内で報道陣に対し、「このままだと自民党は必要ない」と強い口調で話した。この日、安倍晋三首相による第4次安倍内閣が船出したが、発言は政権を念頭に置いたものとみられる。

   小泉氏は、自民党が衆院選で公約として掲げた教育無償化に関連して、不足する3000億円について、安倍首相の「企業の皆さんにお願いしたい、という発言がありましたが、党は何も聞いていないですからね。このままだったら自民党は必要ないですよ」と話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中