「いいムネあります」何のこと? 商店街の町興しポスターが面白すぎると話題に

印刷

   大阪にある商店街のポスターが面白すぎる、と話題になっている。女性の水着の胸元をアップし「いいムネあります」と書かれたポスターは鶏肉店、「1か月間、暗闇に監禁した」と書かれたポスターは漬物店だ。

   商店街を活性化させようとこうした面白ポスターを展示する商店街は全国に広がっていて、そのルーツは大阪だったのだ。

  • 「祝!高齢化社会」(大阪商工会議所提供)
    「祝!高齢化社会」(大阪商工会議所提供)
  • 「服なんか着れたらええやろ」(大阪商工会議所提供)
    「服なんか着れたらええやろ」(大阪商工会議所提供)
  • 「ポスター?はよ作ってや。死ぬで」(大阪商工会議所提供)
    「ポスター?はよ作ってや。死ぬで」(大阪商工会議所提供)
  • 「パパでちゅよー」(大阪商工会議所提供)
    「パパでちゅよー」(大阪商工会議所提供)
  • 「シャワーが止まらないんです」(大阪商工会議所提供)
    「シャワーが止まらないんです」(大阪商工会議所提供)

大型スーパーの出店が迫っていた

   この面白ポスター作りを地域総合振興事業として真っ先に取り組んだのが大阪商工会議所だ。そもそもは電通関西支社のクリエイター、日下慶太さんが大阪市浪速区の商店街「新世界市場」のイベントに個人として参加した際に、イベントが終了すると元のシャッター商店街に戻ってしまうことを憂い、コピーライターである自分が商店街を活性化させるためにできることはポスター作りだと一念発起する。それが2012年のこと。会社の若手メンバーを集めボランティアで各店のポスターを制作したところ、その面白さに全国的なニュースとなった。それに目を付けたのが大阪商工会議所で、日下さんに協力を依頼しポスターによる活性化を希望する商店街を探した。

   白羽の矢が立ったのは大阪市阿倍野区の「文の里商店街」。同商店街は最盛期に100店舗が軒を並べたが、客足が遠のき半数近くがシャッターを下ろした。さらに近々、近隣に大型スーパーの開店を控えていた。店主の老齢化が進むも「なんとかしなければいけない」という意識が強く、新規顧客の開拓にも前向きだった。そして、電通の約60人の若手デザイナー、コピーライターがボランティアで集結し、店主らと交流を重ね、200点以上ものポスターを制作した。ポスターの展示は13年秋からで、現在は51店舗がそのポスターを店頭などに掲げている。

鮮魚店は「店主がイチバン、ぴっちぴち。」

   ポスターにはかなり奇抜なものもある。鮮魚店では魚拓ならぬ「人拓」をとり、「店主がイチバン、ぴっちぴち。」。鰹節店は鰹節を猫に彫刻し「飼い主の皆さん、親しき仲にも鰹節ですよ」。整骨院は体操をする女性の写真に「イタリア人は熟女好き・・・らしいって」などと表現している。J-CASTニュースが17年11月2日に商工会議所に話を聞いたところ、このポスターに登場している人は、店主や店員、常連さんといった店に関係ある人ばかりで、プロのモデルは一切起用していないそうだ。それでは商店街の活性化に繋がったのかというと、

「売り上げはさておき、ポスターを目当てに商店街を訪れたり、写真を撮って行く人が増えましたので、活性化に寄与していることは間違いありません」

と答えていた。現在、日本では「文の里商店街」を見習おうと、「商店街を『笑店街に変える』などとし、面白ポスターや看板作りを進める商店街が増えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中