「インターネットが狭い」もう昔 Yahoo!ツールバー終了に感慨広がる

印刷

   2000年代のインターネットに親しんだ人なら、「ツールバー」という言葉に懐かしさを感じるはずだ。ブラウザにインストールし、検索などを手軽にできるようにするこれらツールバーは00年代前半、各社が競って提供していた。

   その文化もしかし、過去のものになりつつある。17年10月31日、そんな中でもサービスを続けてきた「Yahoo!ツールバー」が、とうとう姿を消した。このニュースに、ネット上では感慨の声が。

  • Yahoo!公式より。ツールバーの配布もすでに終了
    Yahoo!公式より。ツールバーの配布もすでに終了

14年前は「3人に1人」が利用していた

「2002年3月のサービス開始以降、多くの皆さまにご利用いただいてきましたが、近年における急速なインターネット利用環境の変化や、ご利用状況を踏まえ、何度も検討を重ねた結果、サービスを終了させることにいたしました」

   7月にこう予告していた通り、Yahoo!は10月31日、15年にわたって展開してきたツールバーサービスを終了した。すでにGoogle Chrome版は2014年、FireFox版は15年に撤退、Internet Explorer版に絞って更新を続けてきたが、ついに幕引きに。今後はセキュリティーを含むサポートも終了するため、使い続けている人に対してはアンインストールするよう求めている。

   追加型のツールバーは、ネットの普及とともに90年代後半から勃興、00年代前半に最盛期を迎えた。当時はYahoo!などのポータルサイトのほか、「asahi.com」のようなメディアや一般企業なども競ってリリース、検索を中心に、さまざまな機能を提供した。2003年の調査では、実に33%もの回答者が「(ツールバーを)現在利用している」を選んだという。

   当時は、ウェブ上を検索するためにはポータルや検索サービスのトップページに向かわねばならず、思い立ったらすぐ検索ができるツールバーには小さくない需要があった。

「ツールバー戦争って時代があったなあ...」

   だが、2008年リリースのGoogle Chromeなど、今では当たり前となった「アドレスバーから直接検索できる」ブラウザが増えると、ツールバー文化は廃れていった。かつてYahoo!と覇権を競った「Exciteツールバー」は2015年に撤退、「Googleツールバー」も、IE向けのみに細々とサービスを提供しているのみだ。そのIEも、すでに「Microsoft Edge」にWindows標準ブラウザの地位を明け渡してしまったが......。

「懐かしい。良く分からないままこういうのを次々とインストールして、ツールバーが太くなっている人が良くいたな」
「ツールバー戦争って時代があったなあ...」
「またインターネットの一時代の終了を感じるね。『インターネットが狭い』というパワーワード知ってる人も少なくなったかなあ」(いずれもツイッターより)

   「インターネットが狭い」というのは、複数のツールバーを考えなしにインストールしてしまい、画面が見えづらくなってしまった状態を指す言葉だ。当時は他のソフトウェアに「抱き合わせ」のような形で配布されるなどして、「知らない間に追加されていた」ということも多く、その削除方法もわからないままズラズラと並んだツールバーは、「情弱」の代名詞だった。

   まだサービスを続ける社もあるとはいえ、これからはこうしたイメージも過去のものになりそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中