2019年 1月 21日 (月)

デストロイヤーさん、秋の叙勲で受章 「懐かしい」「びっくり」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   政府は2017年11月3日付で、秋の叙勲受章者を発表した。麻生渡・前福岡県知事(78)らが、旭日大綬章に選ばれるなどした。

   中には、旭日双光章に決まった、かつて日本で覆面レスラーとして人気を博したザ・デストロイヤー(本名リチャード・ベイヤー)さん(87)の名前も。ネットでは「懐かしい」「びっくりした」などの反応が寄せられている。

  • デストロイヤーさんの著書『マスクを脱いだデストロイヤー』(ベースボールマガジン社、画像はAmazon商品紹介ページより)
    デストロイヤーさんの著書『マスクを脱いだデストロイヤー』(ベースボールマガジン社、画像はAmazon商品紹介ページより)

和田アキ子さんと共演も

     デストロイヤーさんの受章は、日本の青少年交流に貢献してきた実績が認められて実現した。

   1963年に初来日して力道山さん(故人)と対戦し、大きな注目を集めた。足4の字固めの技で知られ、プロレスファンを熱狂させた。1970年代には、バラエティ番組「金曜10時!うわさのチャンネル!!」(日本テレビ系)にレギュラー出演し、和田アキ子さんやゲストらとのプロレス技を交えた絡みが人気となった。離日後の80年代からは、日米の青少年交流に力を尽くした。93年に引退試合を行った。

   今回の受章について、デストロイヤーさんは、産経新聞(ネット版)のインタビュー記事(11月3日)で「最高だ!私や家族は日本でとても良い時間を過ごさせてもらった(略)」などと答えていた。

   デストロイヤーさん受章のニュースが流れると、3日のツイッターには

「懐かしい」
「え?は???あまりの事すぎてびっくりした」
「デストロイヤーが叙勲されるとは...」
「おめでとうございます」
「お達者で何より」

   などと、驚いたり祝福したりする声が寄せられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中