日米首脳会談 北朝鮮へ対応で「完全に一致」

印刷

   安倍晋三首相とトランプ米大統領は2017年11月6日午後、5度目となる日米首脳会談を行った。二人は北朝鮮による拉致被害者の家族らと面会したのち、そろって記者会見に臨んだ。

   トランプ大統領は、ミサイル発射や核実験を繰り返す北朝鮮を「とても容認できない」とけん制。貿易に関しては、「公正で自由な関係」を築き、対日貿易赤字を減らしたい考えを示した。安倍氏は、北朝鮮に対する圧力を高めていくことでトランプ氏と「完全に一致」したと述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中