早大、「爆破予告」休講を速攻解除 学生「全休にしましょうよ」と複雑な思い

印刷

   早稲田大学は爆破予告が届いたとして、2017年11月7日の一部授業を急きょ休講とした。構内への立ち入りも禁止した。早大の学生と思われるツイッターユーザーからは「恐ろしい」などと案ずる声が続出した。

   一方、休講となったことで、提出課題の関係などで「助けられた」とありがたがるユーザーも。大学が4限から通常通り実施すると発表すると、中には「全休にしましょうよ」と嘆きの声も散見された。

  • 11月7日14時現在の早稲田大学公式サイトトップ。この「第2報」では4限から通常どおり授業を実施すると伝えられた
    11月7日14時現在の早稲田大学公式サイトトップ。この「第2報」では4限から通常どおり授業を実施すると伝えられた
  • 11月7日朝の早稲田大学公式サイトトップ。1~3限の休講と構内立ち入り禁止を伝えていた
    11月7日朝の早稲田大学公式サイトトップ。1~3限の休講と構内立ち入り禁止を伝えていた

「レポート全くやってなかったので...」

   早大は公式サイトで7日朝、1~3限の休講とその間の構内立ち入り禁止を発表。同日9~14時の間に大学を爆破するとの予告が入ったという。対象キャンパスは早稲田、戸山、西早稲田、菊井町、先端生命医科学センター、東伏見、上石神井、所沢、所沢並木校舎、日本橋の各キャンパス。本庄と北九州の両キャンパスは対象外とされた。

   爆破予告を受け、ツイッターでは早大生と思われるユーザーが「早稲田に爆破予告か...恐ろしいことだ」「朝から物騒な話」と案ずる声が続出。「週に一度の貴重なミーティングが爆破予告で無しになった」と予定を狂わされて不満を募らせる声も少なくない。また、直前の4~5日に学園祭の「早稲田祭」が開催されていたため「土日(早稲田祭)じゃなくてよかった」と不幸中の幸いを思うつぶやきもあった。

   一方、こうした心配の声と並んで続々と出たのは、どこまで本気か定かでないが

「今日2限までに提出のレポート全くやってなかったので...本当に感謝」
「最近2限に行けないので爆破予告に助けられた」
「TLが早稲田生の歓喜の声に包まれてる」

と、爆破予告を真に受けずに休講を喜ぶ声も。なかには「4限も休講にしてくれたら」との希望もあった。さらにこれらに対し、「朗報とか喜んでるなら大学行くんじゃない」と諫める声もあり、学生たちの思いは錯綜している。

正午すぎ「4時限目からは通常どおり授業を実施します」

   そうした中、早大は正午すぎにサイトを更新。上記全キャンパスでの7日の授業について「構内の安全が確認されたため、4時限目からは通常どおり授業を実施します」と発表した。14時15分から入講可能としている。これにより、ツイッターには「悲報 早稲田 4限はあります」「安全のために今日は、全休にしましょうよ」といった声も出ることになった。

   早大広報は7日午後、J-CASTニュースの取材に、発表にあった「安全確認」の方法について「大学職員、警備員、警察官を動員し、できる範囲で各キャンパス内をくまなく捜索しました」と話した。犯行予定時刻は14時までとされていたが、「安全確認が取れましたので、4限以降の授業の関係なども鑑みて、この時点での発表となりました」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中