2019年 9月 23日 (月)

「座間事件」の容疑者はアニメ、ゲームの影響を受けた? 発言の山本議員に「現実と妄想の区別がないのはオマエ!」の声

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   自民党の山本一太参院議員(59)がテレビの討論番組で、神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件について聞かれ、犯人は妄想と現実の世界の区別が付かなくなっていて、それはゲームやアニメの影響を受けているからだと思う、と発言したため、「まだそんなことを言っている奴がいるのか?」などといった感想が漏れ、「区別が付いていないのは山本議員」などと激しい批判の声があがった。

   そもそも犯人は風俗のスカウトをしていて、SNSで若い女性を口説いているような人物だから、アニオタなどとは相いれないタイプだ、というのだ。

  • ツイッターにも批判が(写真は山本議員のツイッターより)
    ツイッターにも批判が(写真は山本議員のツイッターより)

こういう人たちの行動監視を真剣に考えなければならない

   山本議員が出演したのは2017年11月5日放送の政治討論番組「新報道2001」(フジテレビ系)。今回の事件は報道する側にとって気が重くなるものだ、と司会者から話をふられると、

「一言で言うと、ゲーム感覚でやってるんじゃないかと思うんですよね」

と語り出した。妄想の世界と現実の世界の区別が付かなくなっている、とし、

「最近このような猟奇的なストーリーのアニメ等々ありますから、そういうのに凄く影響を受けている感じがします」

とした。ネットを規制することはなかなか大変ではあるが、

「こういった人たちの行動を監視して、こういう犯罪を防ぐ方法があるのかどうか、というのはなかなか難しいけれども、真剣に考えなければならない」

と話した。

   ネット上では、犯罪をアニメやゲームと結び付ける論客がいまだに存在するのか、と驚きの声があがり、そもそも犯人がアニメやゲームに関心があったという報道もなく、犯罪の中身自体がオタクとは相いれないものであるため、あまりにも無理がある解釈だとし、

「今回に限ってはオタク叩きは無理筋。むしろ風俗業界とSNSにメス入れる絶好のタイミングだろ?」
「山本こええよ、こいつが一番現実と妄想の区別がついてない」
「山本一太議員は、現実と妄想の区別がついてないから、行動を監視して事件を未然に防ぎましょう」

などといったことが掲示板に書き込まれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中