2019年 1月 22日 (火)

「SmartNewsアワード2017」でJ-CASTニュースがダイバーシティ賞受賞

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   スマートニュース(東京都渋谷区)は、「SmartNewsアワード2017」の受賞式を2017年11月6日に行い、J-CASTニュースが「SmartNewsダイバーシティ賞」を受賞した。

   J-CASTニュース編集長の宇留間和基(うるま・かずもと)氏は、受賞式で喜びを語った。

  • 「SmartNewsアワード2017」受賞式。左からスマートニュースの松浦茂樹氏、週プレNEWSの貝山弘一編集長、BuzzFeed Japanの古田大輔創刊編集長、J-CASTニュース編集長の宇留間和基氏(2017年11月6日撮影)
    「SmartNewsアワード2017」受賞式。左からスマートニュースの松浦茂樹氏、週プレNEWSの貝山弘一編集長、BuzzFeed Japanの古田大輔創刊編集長、J-CASTニュース編集長の宇留間和基氏(2017年11月6日撮影)
  • 受賞の喜びを語るJ-CASTニュース編集長の宇留間和基氏(2017年11月6日撮影)
    受賞の喜びを語るJ-CASTニュース編集長の宇留間和基氏(2017年11月6日撮影)

受賞の一報に「何かの間違いでは」

   J-CASTニュースの受賞理由は、過去1年で最も幅広いジャンルで記事が配信され読まれた、というもの。受賞式で宇留間氏は、

「SmartNewsダイバーシティ賞というお話をいただいた時、編集部全員『何かの間違いでは』と目が点になりました」

と、受賞の一報に驚いたことを明かした。というのも、J-CASTニュースにはシニカルな記事が多く、「憎まれることはあっても、ほめられたり表彰されたりということはないだろうと思っていたのです。SmartNewsさんの懐の深さに感謝いたします」と述べた。

   スマートニュースの松浦茂樹編集長が「創刊10年と聞きましたが、長く続いている理由はなんでしょうか」と尋ねると、

「節操なく、あらゆるニュースを追いかけることでしょうか。この姿勢が今回の受賞理由の多様性にもつながっていると思いますので、今後も続けたく思います」

と答えた。

   「SmartNewsアワード」は、2015年から開催されており、2017年で3回目となる。他の受賞は「SmartNews大賞」がBuzzFeed Japan、「SmartNewsチャンネルプラス賞」が週プレNEWSだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中