2018年 9月 23日 (日)

新海誠展覧会、音声ガイドは神木隆之介 クイズ付きに「自分で作ったらものすごく難しくなる」

印刷

   2016年8月に公開され大ヒットとなった「君の名は。」の新海誠監督(44)と、同作品で主人公の声優を務めた俳優の神木隆之介さん(24)が2017年11月10日、国立新美術館(東京都港区)で、12日から開催される展覧会「新海誠展『ほしのこえ』から『君の名は。』まで」の登壇記者発表会に登場した。

   2人は展覧会の見どころなどについて話した。

  • 新海誠監督(左)と神木隆之介さん(右)
    新海誠監督(左)と神木隆之介さん(右)
  • 「自分でクイズを作ったらすごく難しくなる」と話す神木さん
    「自分でクイズを作ったらすごく難しくなる」と話す神木さん
  • 展覧会が開催されることに「光栄です」と話す新海監督
    展覧会が開催されることに「光栄です」と話す新海監督
  • トークセッション中の2人
    トークセッション中の2人

「ファンにはたまらない場所」

   今回の展覧会は新海監督のデビュー15周年を記念したもの。2002年のデビュー作「ほしのこえ」のほか、「君の名は。」「秒速5センチメートル」や「言の葉の庭」など6作品の絵コンテやポスターなど約1000点が展示される。国立新美術館で、11月11日から12月18日まで開催される。

   新海監督は展覧会について、

「(会場である)国立新美術館は『君の名は。』の中にも登場していて、主人公の高校生のデートとしては敷居が高いことを描いていた。1年後、まさかこの場所で展覧会を開くとは思ってもいなかったので、光栄です」

と話した。

   また、新海監督の作品の大ファンだという神木さんは展覧会の魅力について、

「監督のことも作品のことも知れて、ファンにはたまらない場所だと思います」

と興奮を隠せない様子で語った。

新海監督「神木くん自分でクイズ作ったの?」

   展覧会では音声ガイドのナレーターを、神木さんが担当している。ナレーターを行った感想について、「今回初めてナレーターをやったが、聞き心地のいいリズムをとるのが難しかった。でも皆さんのお供になれればいいですね」と言った。

   ガイダンスの中では、神木さんからクイズも出題されているという。

   新海監督が

「神木くんが自分でクイズ作ったの?」

と聞くと、

   神木さんは

「自分では作っていないです。自分で作ったらすごく難しくなると思います」

とおどけた表情で話した。

   展覧会に来ようとしている人に向け、新海監督は「今回の展覧会で皆さんが見たり感じたものがこれからの作品につなげられれば、と思うので、展示されているものとなんらかのコミュニケーションを取ってもらいたい」とメッセージを送り、神木さんは「(新海)監督のすべてが詰まっていて、今とこれからを感じてもらえると思います。いっぱい来たいと思います」と展覧会にワクワクしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中