羽生結弦、無念の欠場でファンの対応「差」あらわに 「祈祷班」と転売ヤー

印刷

   フィギュアスケート男子の羽生結弦選手(22)が、2017年11月10日に大阪で始まったグランプリ(GP)シリーズ第4戦のNHK杯を欠場する。前日の公式練習で4回転ルッツの着氷時に転倒し、右足関節外側靭帯損傷と診断された。NHKなどが報じた。

   ファンは悲嘆に暮れながらも羽生選手の1日も早い回復を願っている一方で、羽生選手の欠場でチケットが売りに出される現象も起きている。

  • 羽生結弦選手がNHK杯を欠場(2014年4月撮影)
    羽生結弦選手がNHK杯を欠場(2014年4月撮影)

織田信成「賢明な判断やったと思う。。」

   羽生選手の今季の出場はGP第1戦のロシア杯のみのため、今回の欠場によってシリーズ成績上位6人で争うGPファイナル(12月7~10日、名古屋)への道は絶たれた。羽生選手は治療に専念し、全日本選手権(12月20~24日、東京)に向けて頑張るという。

   平昌五輪が3か月後に迫るなかでの苦渋の決断。NHK杯は3連覇、GPファイナルは5連覇がかかっていた。とりわけGPファイナルでの成績は、五輪代表選考に有利に働く可能性があった。

   プロフィギュアスケーターの織田信成さんは、同日ツイッターで

「本当に辛くて悔しいと思うけど賢明な判断やったと思う。。絶対すぐ良くなる!!!すぐ良くなるように祈ってるぞ!!!」

と気遣い、声援を送った。

   ファンも悔しさと残念さをにじませながらも、「早く治りますように」と祈る。羽生選手の名前を連想させる「弓弦羽(ゆづるは)神社」(兵庫県神戸市)や、今季フリープログラムの「SEIMEI」にちなんで平安時代の陰陽師・安倍晴明を祀る「晴明神社」(京都市)を参拝し、1日も早い回復を祈願する人も現れている。「SEIMEI」になぞらえて、羽生選手の活躍や無事を祈るファンを「祈祷班」と呼ぶそうだ。

   羽生選手は14年のGP中国杯で、フリー本番の直前練習で他選手と衝突。頭部を負傷しながらも強行出場したが、「周囲が棄権させるべきだった」との指摘も相次いだ。そのため今回の英断には、

「ゆづ棄権と聞いて、怪我が酷かったことに心配はあるけれど、無理して出ないでくれて少し安心している」
「良い判断だと思う。5連覇の夢は消えたけど全日本に標準あわせて、治療に専念してください」

と安堵する声もあがっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中