2019年 1月 19日 (土)

IKKO、「バイキング」での不適切発言を謝罪  「誤解を生むような発言をしてしまった」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   タレントのIKKOさん(55)が、2017年11月6日放送の情報番組「バイキング」(フジテレビ系)での発言について、「誤解を生むような不適切な発言をしてしまった」と謝罪した。10日、J-CASTニュースの取材にコメントした。

   IKKOさんをめぐっては、同番組の出演中にレイプ加害者を擁護するようにも受け取れる内容の発言があったとして、インターネット上などで批判が相次いでいた。

  • IKKOさんの公式サイトより
    IKKOさんの公式サイトより

「どこからどこまでがレイプかが分からない」

   6日放送の「バイキング」では、米アカデミー俳優のケヴィン・スペイシー氏(58)の未成年男性へのわいせつ疑惑を取り上げた。この話題の中で、男性同性愛者であることを公言しているIKKOさんは、

「未成年という話は置いておいて、成人した男性同士で、どこからどこまでがレイプかが分からない」

と切り出した。その上で、一方の男性の反応について、

「なんか興奮しちゃって出たっていうことは、その人は興奮したわけじゃないですか。それは犯罪にはならないですよ。どっちかというと、その人も悪いんですよ」(原文ママ)

と発言した。

   その後、IKKOさんは番組の放送終了間際、上記の発言について釈明した。まず、スペイシー氏の件や性暴力とは全く関係のないコメントだったと断言。その上で、発言の趣旨については、

「(男性同性愛者の場合は、一方が)恋愛だと思ってやっていたことが、それが後々『イタズラをされた』ということになりやすいパターンが一般的にある。これはどうなんですかということが聞きたかったんです(中略)勘違いがあったみたい」

などと訴えていた。

IKKO「深く謝罪申し上げます」

   しかし、こうした説明があった後も、インターネット上には、IKKOさんの番組中でのコメントを問題視する書き込みが殺到。発言の内容を「レイプ加害者を擁護する内容ではないか」と受け止める向きも強く、ツイッター上には、

「レイプして相手が興奮したら相手が悪いらしい。もの凄い発言」
「IKKOさん おかしい。それがレイプじゃないんだったら そもそもゲイの間ではレイプ自体存在しなくなる」
「有り得ないでしょ!?身勝手すぎる」

といった批判が数多く寄せられている。

   こうした騒動について、IKKOさんは11月10日のJ-CASTニュースの取材に応じ、「誤解を生むような不適切な発言をしてしまった」と謝罪した。IKKOさんが編集部に送付した謝罪コメントの全文は以下の通り。

「今回の11月6日のバイキングでの発言に関して、番組中にもお伝えさせていただきましたが、ケヴィン・スペイシー氏のケースに関しては、私も被害者の方に全面的に同情し、あってはならないことだと感じております。

ただその後の流れの中で、一般的な同等の男性同士での恋愛関係への言及として、誤解を生むような不適切な発言をしてしまったことを謝罪申し上げます。そして、一連の発言やそのことを取り上げた報道を目にして、不快な思いや憤りを感じた皆様にも深く謝罪申し上げます。

心こめて IKKO 」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中