IKKO、「バイキング」での不適切発言を謝罪  「誤解を生むような発言をしてしまった」

印刷

   タレントのIKKOさん(55)が、2017年11月6日放送の情報番組「バイキング」(フジテレビ系)での発言について、「誤解を生むような不適切な発言をしてしまった」と謝罪した。10日、J-CASTニュースの取材にコメントした。

   IKKOさんをめぐっては、同番組の出演中にレイプ加害者を擁護するようにも受け取れる内容の発言があったとして、インターネット上などで批判が相次いでいた。

  • IKKOさんの公式サイトより
    IKKOさんの公式サイトより

「どこからどこまでがレイプかが分からない」

   6日放送の「バイキング」では、米アカデミー俳優のケヴィン・スペイシー氏(58)の未成年男性へのわいせつ疑惑を取り上げた。この話題の中で、男性同性愛者であることを公言しているIKKOさんは、

「未成年という話は置いておいて、成人した男性同士で、どこからどこまでがレイプかが分からない」

と切り出した。その上で、一方の男性の反応について、

「なんか興奮しちゃって出たっていうことは、その人は興奮したわけじゃないですか。それは犯罪にはならないですよ。どっちかというと、その人も悪いんですよ」(原文ママ)

と発言した。

   その後、IKKOさんは番組の放送終了間際、上記の発言について釈明した。まず、スペイシー氏の件や性暴力とは全く関係のないコメントだったと断言。その上で、発言の趣旨については、

「(男性同性愛者の場合は、一方が)恋愛だと思ってやっていたことが、それが後々『イタズラをされた』ということになりやすいパターンが一般的にある。これはどうなんですかということが聞きたかったんです(中略)勘違いがあったみたい」

などと訴えていた。

IKKO「深く謝罪申し上げます」

   しかし、こうした説明があった後も、インターネット上には、IKKOさんの番組中でのコメントを問題視する書き込みが殺到。発言の内容を「レイプ加害者を擁護する内容ではないか」と受け止める向きも強く、ツイッター上には、

「レイプして相手が興奮したら相手が悪いらしい。もの凄い発言」
「IKKOさん おかしい。それがレイプじゃないんだったら そもそもゲイの間ではレイプ自体存在しなくなる」
「有り得ないでしょ!?身勝手すぎる」

といった批判が数多く寄せられている。

   こうした騒動について、IKKOさんは11月10日のJ-CASTニュースの取材に応じ、「誤解を生むような不適切な発言をしてしまった」と謝罪した。IKKOさんが編集部に送付した謝罪コメントの全文は以下の通り。

「今回の11月6日のバイキングでの発言に関して、番組中にもお伝えさせていただきましたが、ケヴィン・スペイシー氏のケースに関しては、私も被害者の方に全面的に同情し、あってはならないことだと感じております。

ただその後の流れの中で、一般的な同等の男性同士での恋愛関係への言及として、誤解を生むような不適切な発言をしてしまったことを謝罪申し上げます。そして、一連の発言やそのことを取り上げた報道を目にして、不快な思いや憤りを感じた皆様にも深く謝罪申し上げます。

心こめて IKKO 」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中