2018年 9月 25日 (火)

ビンラディン氏、「ゲーマー」だった!? 遺品からマリオ、NARUTO...テロリストとの対戦ゲームも

印刷

オンラインゲームの相手はテロリストだったかも

   また、プラットフォーム「Steam」で、人気のオンラインゲーム「カウンターストライク」を遊んでいた形跡もあったという。皮肉にも「カウンターストライク」は、プレイヤーたちが特殊部隊とテロリストの2チームに分かれて対戦するゲームだ。いったいどちらの陣営で遊んでいたのだろうか?

   ビンラディン氏のHDDをめぐっては、アダルト作品などがその「コレクション」に含まれていたのではないか、などと、その死の直後から海外のメディアを騒がせていた。今回公表されたのはファイルの一部に過ぎず、件のアジトにはビンラディン氏以外にも家族や部下などが暮らしており、ゲームを楽しんでいたのが本人とは限らない。とはいえ、その思わぬ側面は、アダルト作品とは別の意味で驚きを広げている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中