ロバート秋山、前代未聞「1人10役」でミステリードラマ ネットは大爆笑

印刷

   お笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次さんが、2017年12月に放送されるドラマ「黒い十人の秋山」(テレビ東京系)で主演を務める。

   作中で秋山さんは1人で容疑者10人を演じる。テレビ東京によれば「おそらくは日本ドラマ史上初」という取り組みに、ネットでも好意的な声が広がっている。

  • 容疑者一覧。すべてロバートの秋山さんが演じる(画像はテレビ東京の番組公式ホームページより)
    容疑者一覧。すべてロバートの秋山さんが演じる(画像はテレビ東京の番組公式ホームページより)

男女・職種を問わず1人10役を演じる

   本作は秋山さんが単独主演のミステリードラマ。嵐のなか、離島のホテルで起こる事件をめぐり、真犯人を探す謎解きサスペンスが繰り広げられる。

   秋山さんは同ドラマ内で、オペラ歌手の冴島響一郎、秘書の戻川茜、画家のパトリック・ベイカー、建設会社社長の神取忠、美容整形外科医の財津隆也、サーファーの赤羽ヒデト、プロゴルファー犬塚聡子、モデルのリシエル、カートにたくさんのネコを入れて徘徊する謎の男の村田安夫、そしてトータル・ファッション・アドバイザーのYOKO FUCHIGAMIと、性別・年齢・職種などを問わず、10役をたった1人で演じる。ドラマのあらすじや他の共演者などは、未だ発表されていない。

   秋山さんは、フリーマガジンの「honto+」でのコンテンツ「クリエイターズ・ファイル」で、様々な架空のクリエイターになりきり、インタビューを受けていることでも有名だ。リシエルやYOKO FUCHIGAMIは「クリエイターズ・ファイル」内にも出演している。

   「クリエイターズ・ファイル」について、秋山さんは16年11月12日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)で語っている。もともと、フリーペーパーで好きなことをしてみないか、と言われ、普段舞台でコントをやっているが、扮装した状態できちんとした場所でインタビューに答えてみたい、と思って始めたものだとしている。秋山さんはお笑いネタのなかでも書道家や研究所の所長など、特定の人物になりきったコントが多いことで知られる。

「犯人はこの(秋山の)中にいる」

   ネット上では、「秋山のドラマ見るしか」「保存版」と、放送を楽しみにしている声が多く見られるほか、

「10人の秋山ってだけでもう面白いw」
「ワロタwww 犯人はこの(秋山の)中にいるwww」
「黒い十人の秋山やばいwwwwww」

と、笑いをこらえられない人も多いようだ。

   プロデューサーを務める濱谷晃一さんは企画した背景に、「クリエイターズ・ファイルの秋山さんが大好きで、容疑者が全員秋山さんだったら面白いな...とただその一点で企画しました」と明かす。

   そのうえで、「ここまで自由なドラマはこれで最後だと思いますので、ぜひご覧ください!」と意気込んでおり、秋山さんも、

「僕はもちろん頑張りますが、カツラ業者さん、メイクさん、スタイリストさんにもかなりの負担がかかると思いますので頑張ってください(笑)」

とコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中