2018年 11月 15日 (木)

「頚髄完全損傷」高山善廣の闘病生活 電動車椅子の練習開始で激励コメント続々

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   プロレスラー高山善廣選手(51)が、試合中のけががもとで頚髄完全損傷と診断され、今も首から下が動かない。

   状況は厳しいが、それでも前に向けて一歩を踏み出した。電動車椅子に乗る練習を始めたというのだ。

  • 高山選手の公式ブログより
    高山選手の公式ブログより

「アゴでコントローラーを操作しています」

   高山選手の公式ブログが2017年11月8日、更新された。夫人が高山選手に代わって、近況を報告している。

「最近の高山は、電動車椅子に乗る練習をしています。手は動かないので、アゴでコントローラーを操作しています」

   最も注目すべき内容は、この部分だろうか。9月4日に「頸髄完全損傷および変形性頚椎症」の診断で首から下が動かないと明らかにして以降、病室のベッドに横たわっている高山選手の写真や記述はあったが、ベッドを出て「動いた」様子を伝えるのは初めてだ。 さらに、こう続く。

「本人は電動車椅子に乗って、半年ぶりに自分の意志で動けた、と喜んでおりました。こうやって少しずつ、自分でできることが増えていけばいいのかなと思っております」

   けがを負ったのは5月4日の試合だ。回復の見込みなしとの診断が下り、絶望を口にするほどの精神状態だったという。けがから半年余り、自ら電動車椅子の操作をするまでに進展した事実は、高山選手の「回復したい」という意志の強さが伝わってくる。

   ファンからは、ブログに激励のコメントが寄せられている。「感動した」「さすが」というメッセージが続々と書き込まれた。脳梗塞を患い、長いリハビリ生活を送った人は、高山選手の「諦めない姿勢」に勇気をもらったようだ。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中