大谷翔平、大リーグ挑戦表明 二刀流継続どうする

印刷

   プロ野球・北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手(23)が2017年11月11日、東京都内で会見を開き、ポスティング制度を利用して米大リーグに挑戦すると表明した。「球団から容認と、温かい言葉をいただいた。改めて来年以降、米国のほうで頑張りたい」と述べている。

  • 大谷翔平(2017年1月撮影)
    大谷翔平(2017年1月撮影)

「本当にプラスなのかと思う時もあった」

   球界では異例の投手と打者の「二刀流」を続けてきた大谷選手は、「自分が2つやってきたのが、球団や日本球界にとって本当にプラスなのかと思う時もあった」と言い、「入団当初から応援してくださったファン、温かく指導してくださったコーチ、チームメイト、球団の方々、そして栗山監督、いろんな人に支えられてこの(入団してからの)5年間、一日一日を大切にしながら前に進んでくることができたなと思っています」と感謝した。

   大リーグでの二刀流継続を問われると、「そういう環境があるのかどうかもわからない。そういう話をまずは聞いてみたい」との考え。希望球団については「自分をもっと磨きたい。そういう環境に身を置きたい。それに適した球団にぜひ行きたいと思っている」と話していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中