ハゲ割引のホテルが話題 ネットでは「薄毛の方が抜け毛ハゲしいと思う」の声もあるが

印刷

   北海道函館市に本社を置くホテルテトラが、薄毛の人に対する割引を行っているとしてネット上で話題となっている。

   好意的に見る向きもあるが、薄毛のひとのほうが抜け毛が多いのではないか、といった疑問を抱く人もみられる。J-CASTニュースは、なぜ割引なのか、同社に狙いなどを聞いてみた。

  • 三浦孝司社長がモデルとなった同社のマスコット(画像は同社提供)
    三浦孝司社長がモデルとなった同社のマスコット(画像は同社提供)
  • 「はげます」グッズ。せんべい、水、マグカップの3種類がある(画像は同社提供)
    「はげます」グッズ。せんべい、水、マグカップの3種類がある(画像は同社提供)

断られた利用客は複雑なリアクション

   ホテルテトラは北海道を中心として、全国に約20店舗を展開するホテルグループ。コンセプトの1つとして「ホテルをさらに超えた企画を常に」を掲げ、利用客の笑顔が増えるよう取り組みを行っているという。

   たとえば、「はげます水」「はげます煎餅」などを販売している。これは「人をはげます」という意味の他に、同社の三浦孝司社長が薄毛で、薄毛の人を励まそうということもある。商品のパッケージには、「がんばれ」などのメッセージが書かれている。

   今回話題になった「ハゲ割プラン」はそうしたビジネスの一環。実際の運用は、チェックアウトの際に自己申告し、フロントの従業員から「頭髪が薄い」と判断された場合、300~500円(店舗によって異なる)の割引を受けることができる。

   もともとは「排水溝の髪の毛の処理に手間がかかる」という従業員の声を受けたことがきっかけ。三浦社長が導入を決め、2014年8月から北海道上川郡にある同社の「層雲峡マウントビューホテル」から開始、他のホテルにも拡大した。

   ホテルテトラの袴田俊太支配人はJ-CASTニュース編集部の2017年11月7日の取材に対し、「薄毛」について明確な基準はなく従業員ごとの判断に任せているとしている。薄毛ではない場合には断ることもあるが、利用客は割引を受けられない無念さとともにうれしさもあるようで、「まだ、あるんだあ」などと言って、複雑なリアクションを取ることが多いという。

カツラを取って申告しても「対象になります」

   「ハゲ割プラン」についてネット上では、

「シャワー使用水量も圧倒的に少なくて済む。タオルも小タオルで充分。ドライヤーも全然使わない。そのうえ毛が落ちない。枕にも床にもバスタブにも落ちないから掃除の時間(人件費)も電気代も水代も圧倒的に節約できる」
「わろた、しかし合理的だ」

などと、好意的に見る声が見られたほか、

「中途半端な薄毛だと逆に抜け毛が激しくて掃除が大変じゃないのか」
「坊主も割引か」

と、疑問を抱く声も見られた。

   こういった疑問の声について、袴田支配人は、

「社員から実際に『楽になった』などといった声が上がっているわけではないですが、何よりもお客様が安くご利用いただけますし、良いことだと思っております」

と語る。スキンヘッドや坊主頭でも割引の対象になるという。カツラを取って薄毛であることを申告するケースはどうかを聞いたところ、「今までそういったケースはないと聞いておりますが、対象になります」と話していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中