2020年 10月 1日 (木)

差別ポーズ「被害」の韓国サッカー選手 自身の行為でブーメラン

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   サッカー韓国代表とコロンビア代表の強化試合で、コロンビアのMFエドウィン・カルドナ選手が、韓国のMFキ・ソンヨン選手に両手で目をつり上げるポーズを取り、人種差別的行為にあたると批判を浴び、謝罪した。

   キ・ソンヨンは試合後、「あのような行為を容認してはならない」と述べたというが、彼も中指を立てるジャスチャーと同様の意味合いがあるポーズで挑発したとして、ネット上で「ペナルティやったほうがいいんじゃないか?」と批判を浴びている。

  • 大韓サッカー協会の公式サイト(画像は、スクリーンショット)
    大韓サッカー協会の公式サイト(画像は、スクリーンショット)
  • 大韓サッカー協会の公式サイト(画像は、スクリーンショット)

乱闘寸前のもめ合いで...

   韓国代表とコロンビア代表の国際親善試合は2017年11月10日、韓国のホーム(水原ワールドカップ競技場)で行われた。韓国がソン・フンミン選手の2ゴールで、FIFA(国際サッカー連盟)ランキング13位の強豪相手に勝利を収めた。ただ試合の内容よりも話題を集めたのが、カルドナの挑発行為だった。

   韓国2点リードの後半17分、DFのキム・ジンス選手がコロンビアのエース、MFハメス・ロドリゲス選手のファウルで倒された。ハメスがキム・ジンスのシャツを引っ張り上げ、早く立つよう促すと、キ・ソンヨンはこれに怒ったのか、ハメスに体当たり。両チームとも選手たちが駆け寄って、乱闘寸前のもみ合いに発展した。

   カルドナはその中で、キ・ソンヨンを両手で目をつり上げるポーズで挑発。このポーズはアジア人特有の細長い目を揶揄しているとして、「差別的な行為」と知られる。試合を生中継した韓国国営放送「MBC」が何度もこの場面を再生するなどし、韓国のサッカーファンはカルドナのSNSに批判のコメントを書き込んだ。

   大韓サッカー協会は試合後、FIFAにこの件を報告し、カルドナの行いは世界中に広まることに。カルドナは11日、コロンビア代表チームの公式ツイッターを通じ、

「誰かを、国や人種を侮辱する意図はなかった。でも侮辱されたと感じたのなら申し訳ない」

とお詫びした。

   朝鮮日報日本語版(ウェブ版)の13日付記事によると、キ・ソンヨンは「失望すべきことだ。あのような行為を容認してはならない」と試合後のインタビューで語ったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中