イラク・イラン国境でM7.3の地震 死傷者多数

印刷

   イラクのイランとの国境付近で、現地時間の2017年11月12日夜に地震が発生した。米地質調査所(USGS)によると、地震の規模を示すマグニチュードは7.3で、震源の深さは23.2キロ。

   海外メディアによると、この地震によってイラン国内では確認されているだけで140人以上が死亡し、860人以上が負傷した。また、イラク側では、少数民族のクルド人が多く住むクルディスタン地域で30人以上が負傷し、病院が損傷したほか停電が続いているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中