ゴジラ放送中、タニタのSNSが大暴れ 瞬く間に拡散した「やりとり」

印刷

   2017年11月12日、16年の大ヒット映画「シン・ゴジラ」がテレビ朝日系列で地上波初放送された。多くの視聴者が実況ツイートをしながら映画を楽しんだようで、ツイッターのトレンドワードには「#シンゴジラ」「巨大不明生物」「内閣総辞職ビーム」などの関連ワードが並んだ。

   人気企業アカウントの体重計などで知られる「タニタ」は、「シン・ゴジラ強すぎてやばい」とツイート。思いもよらぬ対応策を提案し、リツイート1万6000超の反響を呼んだ。

  •  緒方恵美さん(画像は公式サイトより)
    緒方恵美さん(画像は公式サイトより)
  • 「ゴジラ」パック中の緒方恵美さん(画像はツイッターより)
    「ゴジラ」パック中の緒方恵美さん(画像はツイッターより)

「出来るわけないよッ!!」

   映画「シン・ゴジラ」は東宝が12年ぶりに製作した「ゴジラ」シリーズの第29作目。現代日本に出現した巨大不明生物・ゴジラに立ち向かうストーリーで、長谷川博己さんや竹野内豊さん、石原さとみさんをはじめとする300人以上のキャストが豪華集結した。16年の実写邦画興行収入ランキング1位の82.5億を記録し、第40回日本アカデミー賞では作品賞など10部門11賞を受賞した。

   話題作が地上波初放送されるとあり、タニタも「シン・ゴジラ待機」と期待を寄せ、映画に関するツイートを複数投稿。物語の佳境に入ると、「シン・ゴジラ強すぎてやばい」とツイートし、

「ちょっと緒方恵美さん呼んでくる」

と助けを求めた。緒方恵美さん(52)はアニメ「幽☆遊☆白書」の蔵馬役などで知られる声優で、「シン・ゴジラ」の脚本・編集・総監督を務める庵野秀明氏(57)の代表作であるアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」では主人公・碇シンジの声を務めている。

   突拍子もない発言に、電機メーカー「シャープ」の公式アカウントからは「まずは君が落ち着け」とツッコミが入れられた。しかしタニタのツイートからおよそ10分後、緒方さんがツイッターを更新し、

「『僕がアレに乗って、さっきのと戦えっていうの?無理だよ...みたことも聞いたこともないのに、出来るわけないよッ!!(涙目)』
...ひどいよ...タニタさん...そんなのないよッ!(涙目)」

と訴えた。「エヴァンゲリオン」の「第壱話『使徒、襲来』」で、初号機に乗るように言われた際のシンジのセリフを思わせるツイートだ。

   「すまない」と謝るタニタに対し、緒方さんはなおも「...そんなの...ないよ......ッ......(うつむいて涙」と「アレ」に乗ることに抵抗感を示した。

「何に乗るんですか、体重計?」

   ツイートは瞬く間に拡散され話題となったが、

「体組成計の話かな??」
「何に乗るんですか、体重計?(すっとぼけ)」
「緒方恵美さんが体組成計の前で涙目になりながら叫んでるの想像したらシュール過ぎた」

といった具合に、「アレ」がタニタの看板商品である「体組成計」を指すのではないかというリプライが寄せられることとなった。

   緒方さんは翌朝、「だが今朝も、タニタ体組成計とは闘っているがナー」と告白。タニタは昨晩の無茶振りを謝りつつ、「若干サバ読むように設定しておきました」と返信した。

   一連のやり取りは「ノリよすぎ」などとファンからも好評で、フォロワーも急増したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中