2019年 1月 19日 (土)

韓国・李明博元大統領、世論操作疑惑に明確な回答なし

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   韓国の李明博(イ・ミョンバク)政権下で安保政策を担当した元国防相が、世論操作を指示した疑いで逮捕された事件で、李元大統領は2017年11月12日、世論操作の報告を受けていたか報道陣に問われ、「常識外れな質問はするな」とコメントした。複数のメディアが同日、報じた。

   李氏はさらに、革新系の文在寅政権が保守政権時代の疑惑の洗い直しを進めていることについて「不満の発散や報復ではないかと疑問を持ち始めた」と批判した。李氏は保守派で、2008年から5年間、政権を担当した。

   韓国検察は11月11日、李政権と朴槿恵(パク・クネ)政権下で国防相を務めた金寛鎮(キム・グァンジン)氏を軍刑法違反(政治関与)の疑いで逮捕した。金氏には李政権時代、韓国軍のサイバー部隊を動員してインターネット上で与党に有利な書き込みをするよう指示した疑いなどがかけられている。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中