「山尾議員VS週刊文春」深まる中、倉持弁護士の知人・金慶珠「憲法論じる人材、他にたくさんいる」

印刷

   「山尾志桜里衆院議員VS週刊文春」の構図が、またも注目を集めている。文春が山尾氏のダブル不倫疑惑の「続報」を伝え、テレビのワイドショーもその内容を伝えた。

   山尾氏が「むき出しの好奇心には屈しない」と話していることを受け、週刊文春は「(山尾氏が)対決姿勢を鮮明にした」と受け止めている。

  • 山尾志桜里衆院議員(2016年6月4日撮影)
    山尾志桜里衆院議員(2016年6月4日撮影)

2人は大阪のイベントに出席

   週刊文春は最新号(2017年11月23日号、首都圏などでは16日発売)で、「山尾志桜里 急展開 一泊二日 一緒に大阪出張」の見出しで、山尾議員と倉持麟太郎弁護士の2人について、「禁断愛カップル」と紹介し、大阪で12日にあった、漫画家の小林よしのり氏主催の言論イベントに、そろって登壇したことなどを伝えた。小林氏は、山尾氏の支持を公言している。

   山尾氏は、9月の文春による(倉持氏との)ダブル不倫疑惑報道後、民進党を離党、10月の衆院選では無所属で立候補、当選を果たした。その後、11月に入って神奈川新聞インタビューで、「むき出しの好奇心には屈しない」などとして、倉持弁護士について、自身の事務所の政策顧問として引き続きサポートを受ける方針を明かしていた。

   こうした山尾氏の言動について、文春は今回の最新号で、「本誌をはじめとしたマスコミ報道」に対して「対決姿勢を鮮明にした」との受け止め方を示した。記事によると、大阪でのイベントは18時頃に終わり、2人は別々に会場をあとにしたそうで、「次に本誌(編集部注:週刊文春)取材班が2人の姿を確認したのは、翌朝の新大阪駅だった」としている(2人は一緒ではなく、約1時間のズレがある)。

   2人の宿泊場所については、小林氏のブログ(13日)を引用する形で、山尾氏は当日の夜、「大阪の友だちの家に行き、以降一歩も外出せず」、倉持氏とは別行動だったと山尾・小林両氏側が説明していることに触れた。山尾氏が事務所を通じて、倉持氏と大阪で「一緒に宿泊したという事実は一切ございません」と否定し、倉持氏も「(大阪泊の夜に)山尾議員とは一切お会いしておりません」と答えたことも伝えている。

憲法改正論議のうえで「国民にとって不幸なこと」

   こうした文春報道に触れながら山尾氏問題を番組冒頭で紹介したのは、昼の情報番組「ゴゴスマ GO GO!Smile!」(TBS系)だ。MCの石井亮次氏が、「週刊文春VS山尾さん、という感じになってきてますね」と切り出すと、コメンテーターらが様々な意見を披露した。

   社会言語学者の金慶珠・東海大教授は、倉持弁護士は知人だと明かした上で、優秀でバランスがとれている人物であるのは間違いないが、日本には憲法問題などを論じることができる優秀な人材は他にもたくさんいるとして、山尾氏の政策顧問が倉持弁護士でなければならない、という山尾氏の主張は説得力に欠けると指摘した。

   また、ジャーナリストの須田慎一郎氏は、これから深まるであろう憲法改正論議について、山尾・倉持コンビが何を言っても「色物扱い」となってしまい、「国民にとって不幸なこと」だと話した。

   コメントの論点は総じて、今回の文春報道そのもの、というよりも、山尾氏が倉持氏を政策顧問に据えた是非に関するものが多かった。

   日本テレビ系の「ミヤネ屋」でも、山尾氏をめぐる文春報道を紹介。合わせて、山尾氏の地元有権者50人に、倉持氏の政策顧問就任に関して賛否を聞いたアンケート結果を伝えた。結果は、反対が46人、賛成が4人。哲学者の萱野稔人・津田塾大教授は、プライベートな部分で疑問を持たれた人物(倉持氏)を「公」の部分で山尾氏が採用するのは、山尾氏が「公私の区別」を主張しているだけに「余計に疑問が出てくる」と指摘した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中