明治の「ポルテ」製造終了惜しむ声 転売で価格上昇するとみる人も

印刷

   明治(東京都中央区)の冬季限定のチョコ菓子「ポルテ」の生産が終了していたことに、ネット上でショックの声が広がっている。

   一方で、別の会社が同様の商品を販売することを期待する声や、オークションサイトへの転売で高値が付くと見る人もみられる。

  • 製造停止になっていたポルテ(画像は明治のプレスリリースより)
    製造停止になっていたポルテ(画像は明治のプレスリリースより)

「どこかの会社が販売してくれるのを待ちましょう...」

   1995年に冬期限定商品として発売された「ポルテ」は、サクサクの食感を持つ焼き菓子でありながら、中にホイップクリームが入っており、クリーミーな食感も楽しめるチョコレート菓子。主に20~30代のOLをターゲットとした商品だった。

   冬が近づいてきたこともあり、2017年11月のはじめにツイッター上では「もうメルティキスの時期かーそういやポルテってまだある......??」「明治ポルテもはやく出ないかな~」と、「ポルテ」の販売を楽しみにする声も上がっていた。しかし明治に問い合わせたところ、生産を終了したとの連絡がきたという話なども出始めた。

   こういった情報にネット上では動揺が広がり、

「え!?ポルテ生産終了してるの!?ポルテ大好きなのに」
「カールよりショックかも... あのパフっとした口どけ最高なのに残念」
「ポルテがもう食べれないと知って 無性に食べたくなっている...」

など、惜しむ声が数多く寄せられた。また、「トーハトの疑似カールみたく、どこかの会社が発売してくれるのを待ちましょう...」と、別のメーカーが再現することに期待を寄せる声もみられた。

   菓子メーカーの東ハト(東京都豊島区)は、16年6月13日にいったん発売をして、終売となった「ウラキャラコーン・チーズ味」を、17年10月2日よりリニューアルして販売している。同商品は、17年8月生産分から西日本限定で販売されている明治のスナック菓子「カール」に近い味だとネット上では指摘されている。

再販の予定は「現時点ではありません」

   ネット上にはほかにも、

「メルカリでポルテ売るなよ絶対だぞ...」
「ポルテ、メルカリとかで高値ついてたりするんかなw」

と、生産終了でポルテの価値が上がるとみる向きもある。

   17年11月16日12時現在、オークションサイトのメルカリで「ポルテ 明治」と検索すると、29商品が出品されている。うち18商品が菓子の「ポルテ」単体の出品となっている。

   たとえば「ポルテ ふんわりミルク」、「ポルテ とろけるカカオ」(定価190円・税別)は、定価の約2倍、1個399円(税込)という値がついているものや、2個セット1199円(税込)で出品されているものがみられる。

   J-CASTニュースが17年11月15日に明治の広報担当者に取材したところによると、会社として選択と集中に注力しているため、「ポルテ」の生産を17年1月で終了したという。明治は商品の入れ替わりが多いことから、原則として商品の終売について公式に発表は行っていないという。

   ネット上に惜しむ声があることについては、「ご愛顧をいただけたことに大変感謝申し上げます」と回答。今後再販する予定について聞くと、「現時点ではありません」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中