2018年 7月 19日 (木)

浜崎あゆみ、仙台公演中止に「判断遅すぎ」! 開場した後の土壇場発表にファンも「ドン引き」

印刷

   歌手の浜崎あゆみさん(39)が2017年11月17日に仙台市内の会場で予定していたコンサートが、急性気管支炎によるドクターストップで急きょ中止となった。浜崎さんの公式ウェブサイトで同日夜に発表された。

   公演の中止が決まったのは、会場内にファンが入った後だった。そのため、突然の中止発表を受けたファンの一部からは、「開演前に中止はちょっと辛すぎる」「早めに教えて欲しかった」といった不満もネット上に出ている。

  • 浜崎あゆみさんの公式ウェブサイトより
    浜崎あゆみさんの公式ウェブサイトより

中止発表は「開演直前」だった

   今回中止となったコンサートは、浜崎さんが5月から開催中の全国ツアー「Just the beginning -20- TOUR 2017」の仙台公演だ。17日夜に公式サイト上に掲載された中止の報告では、

「台風によるツアースケジュールの変更が重なったこともあり、本日医師より過労による急性気管支炎という診断内容を受けドクターストップがかかりました」

と説明。続けて、「今日の日を楽しみにして頂いていた皆様には多大なご心配・ご迷惑をお掛けしましておりますことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

   その上で、中止の決定が遅れたことについては、浜崎さん本人も含め全スタッフがギリギリまで開催を目指したためだと説明。「中止のご報告が大変遅れましたことも重ね重ね深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

   実際、公演に参加予定だった複数のファンの報告ツイートなどによれば、中止が発表されたのは開演の数十分前。ステージ上にスタッフが現れ、中止の旨と浜崎さんからのメッセージを伝えたという。

   こうしたギリギリの判断に、一部のファンからはツイッター上に、

「開場したのに開始20分前で中止発表、、、ひどすぎるありえない、、、、、あゆはもうひどすぎ、、」
「ギリギリまで待つのが優しさじゃないよ。悪い事ほど、早く言わないと。前日の時点でムリだと判断できる人居ないの?(略)この対応は無さすぎ」
「酷くない?みんな、あゆのために時間作って新幹線とかで会場行って、中で待ってんだよ。。ドン引きや」
「さすがに判断遅すぎでしょ......謝って済む問題じゃなくない?」

といった不満も漏れている。また、公式サイト上に掲載された中止の報告文の中に「!」(エクスクラメーションマーク)が複数使われていたことについて、

「常識的に考えてお詫びの文書に『!』を使うのは如何なものかと」
「びっくりマーク使うだなんて本当に信じられない。どれだけの人が絶望に満ちてるか分かってるのかな?」

と問題視するファンも出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中