2018年 8月 18日 (土)

森友学園問題の値引きは根拠不十分 会計検査院が国会報告

印刷

   大阪府の学校法人「森友学園」に、国有地が約8億円値引きされて売却された問題について、会計検査院は2017年11月22日、値引きの根拠となった地中のごみの量について、「十分な根拠が確認できない」とする調査結果を国会に報告し、発表した。

   会計検査院はごみの処分量と地下埋設物撤去・処分概算額の8億1974万円について、算定に用いる深度などについて根拠が確認できず、精緻な見積もりが難しいと指摘。ごみの処分量の推計値が大きく変動しうるとして、「慎重な調査検討を欠いていたと認められる」とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中