2018年 9月 19日 (水)

白鵬「真実を話し、膿を出し切る」 日馬富士暴行問題にコメント

印刷

   大相撲の横綱・白鵬(32)(宮城野部屋)が2017年11月26日、九州場所(福岡国際センター)千秋楽の優勝力士インタビューで「この土俵の横で誓う。場所後にすべて真実を話し、膿を出し切って、日馬富士関、貴ノ岩関を再びこの土俵に上げてあげたいと思います」と、日馬富士(33)(伊勢ヶ浜部屋)が貴ノ岩(27)(貴乃花部屋)を暴行した問題に触れた。その後、「この場所で万歳三唱をしたいと思います」と会場の観客に呼びかけた。

   NHKのテレビ解説を務めた北の富士勝昭氏(元横綱)は白鵬の発言に「横綱としての責任感でしょうね」と述べたが、万歳三唱には「彼らしいと思うけどやりすぎたな」とチクリ。複数のメディアの報道によれば、日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は「危機管理委員会に任せているから、こればっかりは」と返答に窮していたという。

   報道によると、白鵬は翌27日朝の記者会見で、日馬富士の暴行問題を念頭に「厳しい場所の1つでもあった。精神的にも肉体的にも」と回想し、「あとは協会と関係者のみなさんに任せていきたい」と語ったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中