安田大サーカスHIROもはや別人 体重40キロ減も芸人として悩む

印刷

   「びっくり」「超イケメン」「顔覚えられないかも」。このような感想が続々と寄せられたブログの主は、お笑いトリオ「安田大サーカス」のHIROさん(40)だ。約5か月間にわたりダイエットに励んだ成果でスリムになった体の写真を公開したのだ。

   巨体がウリの芸風だったHIROさんだが、2017年6月に脳出血で入院。7月12日に退院すると、実家に戻り健康を取り戻そうと日々、ダイエットを続けてきた。

  • インスタグラムにも投稿されたHIROさんの「近影」(テキスト部分を一部加工)
    インスタグラムにも投稿されたHIROさんの「近影」(テキスト部分を一部加工)

25年前は198キロ、5か月前は135キロ

   多くの人を驚かせたのは、11月24日付のブログだ。衣料品チェーン「しまむら」の服を購入し、「普通の服を服屋で服が買える喜び」と、実際に着用した際の全身写真を投稿した。ブログのトップには、かつてのHIROさんの顔写真が張られているが、比べると違いは歴然としている。涼しい目元にほっそりした頬。もう「別人」といってもよいぐらいの変わりようだ。

   HIROさんによると、「マックス体重が有ったのは25年以上前」(10月17日付ブログ)で、なんと198キロだったという。中学卒業後に一時大相撲の力士として活動していたが、角界でも重量級だっただろう。今年入院したときの体重は、135キロだった。

   それが、10月31日付ブログでは100キロを切る99.7キロとなり、「朝から体重計見ながら涙が」「2桁よ2桁!! そんな体重30年間、なかったよ」と喜びを爆発させた。11月23日には95.6キロと報告、その後「次の目標は92キロ」と定めた。

   そのダイエット術は、徹底したウオーキングと食事制限にある。特にウオーキングは、7月に初めてから基本的に1日3回。現在、病気療養のため和歌山県の実家で暮らしており、芸人としての仕事は休養しているので時間はたっぷりある。それを自身の健康回復に当てているのだが、ウオーキングについては相当固い意志で続けている。地元から離れたときにもウオーキングをしている様子が、ブログでは確認できる。

「また3人の仕事がしたい」

   ただ長引く自宅療養と連日のダイエットで、時にストレスを発散したくなるようだ。10月3日付のブログには「色々考え過ぎて毎日毎日の自分が良く分からん 仕事や家庭や治療や今後の事が」と不安な様子を書いていた。普段は明るい書き込みが多いが、時折こうした投稿もある。

   それでも「ウオーキングも食事療法も、どれも今までキライやった」というHIROさんが、今回は諦めずに継続できている理由について、10月31日付ブログにこう明かされている。

「でもね!でもね!団長&クロちゃんと仕事がしたいの!また3人の仕事がしたいの」

   芸人としての復帰が、HIROさんにとって強いモチベーションになっている。そのための体の回復なのだ。

   これからも健康第一で頑張るというHIROさんだが、その大柄な体型で人気を得ていただけに、11月27日付のブログでこんな悩みを打ち明けていた。

「17年間デブで芸能会に居てたが今は少しデブ これ以上ダイエットは良いのか毎日悩む」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中