日馬富士暴行問題 八角理事長がスポーツ庁長官に謝罪

印刷

   大相撲の横綱・日馬富士が貴乃花部屋の貴ノ岩に暴行をはたらいた問題について、日本相撲協会の八角理事長は2017年11月28日にスポーツ庁を訪れ、同庁の鈴木大地長官に謝罪した。

   八角理事長は、

「このたびはお騒がせして申し訳ありません」

と頭を下げたうえで、

「協会の対応としては鳥取県警と全面的に協力して、一日も早い解決を致すよう努力していきます」

と述べた。これに鈴木大地長官は、「我々も大変残念に思っている」としたうえで、

「事実を明らかにし、社会に対しての説明責任を果たしていただきたい」

と求めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中