嵐・櫻井翔さんの父が電通執行役員に

印刷

   電通は2017年11月29日に開催した取締役会で、18年1月1日付の執行役員人事を決議し、総務省で事務次官を務めた桜井俊さんが新たに選出された。公式ウェブサイトで発表した。桜井さんは人気アイドルグループ・嵐の櫻井翔さんの父親として知られる。16年6月に総務事務次官を退官し、現在は三井住友信託銀行で顧問を務めている。

   電通広報担当者は、J-CASTニュースの17年11月30日の取材に対し、桜井さんの選任理由について「リリースにある通り、内部統制機能全般の強化を図るため」とコメントした。リリースには、「法令遵守の徹底をはじめとする当社グループが抱える諸課題への対処を果断に進めるため、内部統制機能全般の強化を担当する執行役員を社外から選任します」と書かれている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中