天皇陛下の退位日は2019年4月30日 翌日から新元号へ

印刷

   天皇陛下の退位日をめぐり、安倍晋三首相が衆参両院の議長などから意見を聴く「皇室会議」が2017年12月1日朝、宮内庁特別会議室で開かれた。陛下が2019年4月30日に退位され、皇太子さまが翌5月1日に新天皇に即位、同日から新元号を施行する日程で固まった。政府は12月5日の閣議で報告し、8日に退位日を定める政令を閣議決定する。

   安倍首相は会議終了後、皇居で陛下に会議の概要を報告した。「天皇陛下のご退位は約200年ぶりのことであり、憲政史上初めての事柄だ。本日、滞りなく皇室会議の意見が決定され、皇位の継承に向けて大きく前進したことに深い感慨を覚えている」と、記者団の取材に述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中