2019年 12月 14日 (土)

「手術は不可能との診断を受けました」 安崎暁・コマツ元社長が「感謝の会」開く理由

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   建設機械メーカー・小松製作所(以下、コマツ。東京都港区)元社長の安崎暁(あんざき・さとる)氏が自分が元気なうちに「感謝の会」を開きたいとして、新聞広告に案内を掲載した。

   案内文には「手術は不可能との診断を受けました」と、病気の告白があった。

  • 日本経済新聞朝刊に掲載された「感謝の会開催のご案内」
    日本経済新聞朝刊に掲載された「感謝の会開催のご案内」

「私がまだ元気なうちに皆様方に感謝の気持ちをお伝えしたく」

   日本経済新聞2017年11月20日朝刊を裏から1枚めくった35面、広告が掲載されているページ下部の、紙幣1枚ほどのスペースに「感謝の会開催のご案内」はある。縦書きで記されており、「秋冷の候 皆様ご清祥のこととお慶び申し上げます」というあいさつから、こう続く。

「私こと安崎暁は10月上旬、体調不良となり入院検査の結果全く予期せざることに胆嚢ガンが見つかり、しかも胆道・肝臓・肺にも転移していて手術は不能との診断を受けました。

私は残された時間をQuality of Life優先にしたく、多少の延命効果はあるでしょうが、副作用にみまわれる可能性のある放射線や抗ガン剤による治療は受けないことにいたしました」

   安崎氏は1937年3月3日生まれ。案内文では自身のコマツでの経歴を紹介している。1961年に入社し、85年に取締役に就任すると、95年に社長、その後会長を歴任。2005年に取締役を退任した。安崎氏はこう感謝をつづっている。

「その間40余年、皆様方には公私ともに大変お世話になり、誠に有難うございました。また、引退後も余生を共に楽しく過ごさせて下さいました多くの方々にも大変感謝いたしております」

   そうして「感謝の会」について呼びかけた。

「私がまだ元気なうちに皆様方に感謝の気持ちをお伝えしたく左記の通り感謝の会を開催することにいたしました。ご都合のつく方々にご参加いただきお会いできましたら私の最大の喜びでございます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中