2018年 11月 20日 (火)

西郷輝彦「がん再発」明かす 6年前に前立腺がん手術していた

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   歌手・俳優の西郷輝彦さん(70)が、がんと闘っている。複数の報道によると6年前、前立腺がんで全摘出手術を受けたが、今回再発したという。

   前立腺がんは2020年に、日本人男性の間で罹患率1位になるとされている。比較的進行が緩やかな半面、転移や再発も起こり得る。

  • 手術も治療の選択肢のひとつ(写真と本文は関係ありません)
    手術も治療の選択肢のひとつ(写真と本文は関係ありません)

早期発見すれば治癒することが可能

   西郷さんは現在、自宅療養中だ。2017年12月1日付のスポーツ報知(電子版)によると、既に決まっている12月中のディナーショーは予定通り行うが、18年3月に予定されていた舞台は降板し、治療を最優先にする。

   国立がんセンターがん情報サービスのウェブサイトによると、前立腺がんは「早期に発見すれば治癒することが可能」だ。なかには進行がゆっくりで寿命に影響しないと考えられるがんもあるという。治療法には、監視療法、放射線治療、内分泌療法(ホルモン療法)、化学療法のほか、西郷さんが選択した手術がある。

   手術を行う場合は「がんが前立腺内にとどまっており、期待余命が10年以上と判断される場合に行うことが最も推奨されていますが、前立腺の被膜を越えて広がっている場合でも対象となります」(がん情報サービスのサイトより)。前立腺と精のうを摘出し、膀胱と尿道をつなぐ。

   前立腺を全摘しても再発する恐れがあるとは、どういうことか。アステラス製薬のサイトに、再発について次のような説明があった。

「(手術や放射線治療で)すべて除去したと思っても、検査や肉眼では分からない小さながんが残っていたり、転移していたけれども小さくて発見されなかったがんがあったりすると、これが治療後に成長して再度発見されることがあります。これをがんの再発といいます」

術後に再発「ほぼ2割」との調査結果も

   早期の前立腺がんで摘出手術を受けた患者のうち、再発したのはほぼ2割――。2004年5月3日付の朝日新聞が、厚生労働省研究班の全国調査結果として報じた。少し前のデータだが、目安になるだろう。記事では、がんの指標とされる血中の前立腺特異抗原(PSA)の値が上昇しても、画像診断などでがんの再発や転移が確認されるまで8年ほどかかるとしている。

   国立がんセンターがん情報サービスのサイトによると、PSA値が2回連続して0.2ng/mLを超えた場合に再発が疑われ、放射線治療やホルモン治療が検討される。放射線治療を始める場合は、PSA値が0.5ng/mL未満の際に勧められる。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中