2018年 8月 19日 (日)

インフルエンザが流行シーズン入り 例年より早め、沖縄など九州で猛威

印刷

   厚生労働省は2017年12月1日、インフルエンザが全国的な流行シーズンに入ったと発表した。

   全国約5000か所の医療機関から報告された直近1週間(11月20~26日)の患者数が、1医療機関あたり平均1.47人となり、流行入りの目安となる「1人」を超えたためだ。流行入りは2016年と比べると1週間遅いが、例年と比べるとやや早いという。

   厚労省の発表によると、都道府県別で患者数が最も多いのは沖縄県が4.88人、次いで長崎県4.47人、愛媛県3.39人、宮崎県3.20人、石川県3.08人など。また、各地で学級閉鎖が相次いでおり、11月26日までの1週間で学級閉鎖をした保育所、幼稚園、小中高校は152施設。前週の65施設から大幅に増えた。

  • 手洗いをしっかりと
    手洗いをしっかりと
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中