2018年 10月 21日 (日)

37年間休眠していたエンジンが始動 ボイジャー1号

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   米航空宇宙局(NASA)は2017年12月2日(現地時間)、太陽系の外を探査する目的で1977年に打ち上げられた無人探査機「ボイジャー1号」のロケットエンジンを37年ぶりに噴射することに成功したと発表した。11月28日に、ボイジャーのエンジニアが宇宙船の位置の調整のテストのため、ボイジャー1号の4つのエンジンを噴射した。ボイジャー1号は地球から約130億マイル(約200億キロ)離れた場所を飛んでおり、米・カリフォルニア州のゴールドストンにあるアンテナがその情報を受信するまでに19時間35分かかったという。

   NASAの発表によると、

「エンジンが37年ぶりに機能し、ボイジャー1号の寿命を2、3年延ばすことが出来る」

と、ボイジャーのプロジェクトマネージャーであるスザンヌ・ドッド氏は述べた。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...