2018年 11月 18日 (日)

「今年の一皿」に鶏むね肉料理 健康志向でサラダの具材にも

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   2017年の日本の世相を反映し象徴する「今年の一皿」に、「鶏むね肉料理」が選ばれた。「食」に関する調査研究を行う「ぐるなび総研」が、12月4日発表した。

   高齢化や健康志向の高まりから、むね肉の高たんぱく・低脂肪で抗疲労効果や抗酸化作用の特性に注目が集まった。塩麹につけたり真空低温調理したりすることで柔らかくしっとり食べられるようになり、サラダの具材としても広く活用されたことなどが理由として挙げられている。

   「今年の一皿」は飲食店情報サイト「ぐるなび」での検索・行動履歴や会員へのアンケート調査、メディア関係者の審査を経て、「鶏むね肉料理」のほか「強炭酸ドリンク」「チーズタッカルビ」「日本茶スイーツ」「フォトジェニックサンドイッチ」「Neo日本酒」がノミネートされた。14年から始まり、今回が4回目。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中